« 政府が日銀の金融政策の有効性を疑っている事に関する質問主意書とその答弁書(No.221) | トップページ | 米国大統領選は本当に公正に行われたか、トランプの積極財政には期待(No.223) »

2016年11月 8日 (火)

展望レポートもホームページも支離滅裂だと日銀が認め書き直した(No.222)

No.220で日銀展望レポートが支離滅裂だと指摘した。同様の追求はNo.221とNo.218で質問主意書で厳しく追及した。直接日銀や内閣府に電話し同様に追求した。その結果遂に日銀が白旗を揚げホームページを11月7日書き換えた。このことを本日11月8日、新聞各紙が報じている。

書き換えの前:
長期金利の水準は「人々の予想や将来の不確実性に左右される」として、操作が難しいとしていた。また長期金利は「なるべく市場メカニズムに委ねることが望ましい」とも書いていた。

書き換えの後:
マイナス金利と大規模な国債買い入れの組合せが、長短金利全体に影響を与えるうえで有効だとわかった。

この書き換えは「長期金利を0%程度に誘導することを金融政策の目標とする」という新たな枠組みを決めたのだから当然である。そうであれば、今後金利の暴騰、つまり国債の暴落はあり得ないと日銀が宣言しなければならない。そうすれば、政府も安心して財政を拡大できる。なぜなら財政を拡大しない理由は「国債が暴落する」ということと「ハイパーインフレになる」ということだった。ハイパーインフレにならないことは政府はすでに質問主意書で認めており、国債暴落なしならもう財政拡大を阻止する理由はなくなった。

|

« 政府が日銀の金融政策の有効性を疑っている事に関する質問主意書とその答弁書(No.221) | トップページ | 米国大統領選は本当に公正に行われたか、トランプの積極財政には期待(No.223) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 今晩は。higashiyamato1979です。財務省よ、日銀を見習え!・・・これだけです。
 それでは決まり文句! お金が無ければ刷りなさい! 労働はロボットに!人間は貴族に!

投稿: higashiyamato1979 | 2016年11月 9日 (水) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566837/64462839

この記事へのトラックバック一覧です: 展望レポートもホームページも支離滅裂だと日銀が認め書き直した(No.222):

« 政府が日銀の金融政策の有効性を疑っている事に関する質問主意書とその答弁書(No.221) | トップページ | 米国大統領選は本当に公正に行われたか、トランプの積極財政には期待(No.223) »