« 基礎的財政収支黒字化目標を撤回し積極財政政策に転換せよ(No.469) | トップページ | 内閣府計量分析室(オオカミ少年)が経済財政に関する試算を発表した(No.471) »

2022年7月28日 (木)

ベーシックインカムの導入が及ぼす日本経済への影響(No.470)

ベーシックインカムが日本に導入されたとき、日本経済にどのような影響が出るのかを日経新聞社が開発したNEEDS日本経済モデルを使い調べた。全国民に20万円を年4回、つまり合計80万円を毎年給付する場合、様々な経済データがどの程度影響を受けるのかを示す。その影響を明確にするために、現金給付をした場合としなかった場合の差を示した。そうすることにより、季節的に変化する場合とか、為替に影響する場合とかという種類の効果が差し引かれ、純粋に現金給付による影響のみが明らかになる。例えば経済対策を今年始めても、来年始めても、例えばGDP押し上げ効果はほぼ同じと思われる。現金給付の財源は国債発行とし、これに伴って社会保障費を減額したり、増税をしたりしないものとする。

1_20220728145201

 

Photo_20220728145201 Photo_20220728145202

Photo_20220728145203

 

Photo_20220728145301

Photo_20221008175701  

 

Photo_20220728145303

Photo_20220728145304

Photo_20220728145305

Photo_20220728145306

Photo_20220807114301

Photo_20220807114401

Photo_20220807114402

 

Photo_20220807114403

Photo_20220807114404

Photo_20220807114405

Photo_20220807114406

Photo_20220807114407

Photo_20220807114408

Photo_20220807114409

Photo_20220807142201

Photo_20220807142202

 

Photo_20220807142203

Photo_20220807142204

Photo_20220807142301

Photo_20220807142302

Photo_20220807142303

Photo_20220807142304

Photo_20220807142305 Photo_20220807142701

 

 

 

 

 

 

|

« 基礎的財政収支黒字化目標を撤回し積極財政政策に転換せよ(No.469) | トップページ | 内閣府計量分析室(オオカミ少年)が経済財政に関する試算を発表した(No.471) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 基礎的財政収支黒字化目標を撤回し積極財政政策に転換せよ(No.469) | トップページ | 内閣府計量分析室(オオカミ少年)が経済財政に関する試算を発表した(No.471) »